家族葬、友人葬、創価学会員のご葬儀、報恩社


ページTOP

生前のご相談

ご依頼からご葬儀

さまざまなご要望にお応えいたします

式場を探す

ご供花のお申し込み

自分で見積りをつくる

ご葬儀プラン

ご葬儀の費用について

報恩社について

報恩社だけのオリジナルサービス

満足度アンケート結果

報恩カードのご案内

報恩社へのアクセス

ご依頼からご葬儀

ご葬儀のご依頼

医師によりご臨終を告げられましたら、すぐに弊社へお電話をください。深夜早朝にかかわらず、すぐに弊社担当者が寝台車にてお迎えにうかがいます。 24時間以内に医師の診察を受けていない場合は、警察や監察医務院による、検視・検案が必要となります。警察に連絡を取った後、すぐに弊社へお電話をください。

ご葬儀当日までにすること

ご葬儀の日程、場所などをご関係者さまへご連絡いたします。

 

受付などの役員として近隣の方へお力をお借りする場合は、可能な限り早い段階でご連絡いたします。

 

死亡届提出は弊社担当者が代理で所轄役所へ提出いたします。

 

ご納棺に際しましては、ご親族さま中心で行ないますので、主だったご親族の方に連絡をとり、立ち会えない場合はご納棺することへのご了承をいただいておきます。

 

想い出の品も一緒に納めることが出来ますが、ガラス・鉄製品・辞書類などの厚い本などは副葬品には適しません。

お通夜、ご葬儀の次第

(お通夜)

司会・進行はすべて弊社担当者が行います。

ご親族は遅くとも開式の1時間前までに式場にお越しください。

受付、会計等、お通夜の役員の方には、なるべく開式1時間前まで、遅くとも30分前までにはお越しいただくようお願いしておきます。

開式10~15分前になりましたら、一同ご着席いただきます。

1 開式の辞
2 読経 方便品、自我偈(2回)、唱題
3 導師あいさつ
4 お題目三唱
5 閉式の辞

※一般的な式次第です。

(ご葬儀)

司会・進行はすべて弊社担当者が行います。

ご親族、役員等のご到着はお通夜の時と同様にお願いいたします。

開式10~15分前になりましたら、一同ご着席いただきます。

1 開式の辞
2 読経 方便品、自我偈(2回)、唱題
3 お題目三唱
4 閉式の辞
5 繰り上げ初七日法要 開式の辞
6 読経 方便品、自我偈、唱題
7 お題目三唱
8 導師あいさつ
9 お題目三唱
10 閉式の辞
11 お別れ おシキミやお花をお柩にお入れし、故人様との最後のお別れを行います。
12 弔意文拝読、弔電披露 ※告別式終了後に行う場合もあります。
13 挨拶 葬儀委員長がおられる場合は、喪主(もしくは親族代表)挨拶の前に、葬儀委員長よりご挨拶を頂戴します。
14 ご出棺

※一般的な式次第です。

ご葬儀を終えてからすること

繰上げ初七日を行なった場合、ご収骨後に精進落しをします。遠方から来られたご親族や、お手伝いをしていただいた方の労をねぎらう御礼の席でもあります。

 

ご遺骨をご安置している小祭壇の側を上座とし、ご遺族は下座に座るのが慣わしとなっています。喪主(もしくは親族代表)のご挨拶のあと、献杯を行います。

 

ご自宅にお戻りになり、後飾り祭壇にご遺骨を安置し、読経、唱題、お線香をあげていただきます。ご葬儀の一切はこれにて終了となります。白木のお位牌は弊社が無料でお引取りいたします。また、過去帳の作成・記名も無料で行なっております。