家族葬、友人葬、創価学会員のご葬儀、報恩社


ページTOP

生前のご相談

ご依頼からご葬儀

さまざまなご要望にお応えいたします

式場を探す

ご供花のお申し込み

自分で見積りをつくる

ご葬儀プラン

ご葬儀の費用について

報恩社について

報恩社だけのオリジナルサービス

満足度アンケート結果

報恩カードのご案内

報恩社へのアクセス

報恩社について

会社沿革

ひたすら報恩のために

◆昭和58年6月、創価学会員専門の葬儀社として報恩社は設立されました。創立より弊社は、明朗な会計を心がけてきました。霊柩車の料金や、火葬場の料金は、それまで葬儀社によって勝手に値段がつけられ、10万円も20万円も上乗せされていました。弊社は霊柩車や火葬場料金などを、ご喪家に代わってお立替払いし、霊柩車や火葬場の領収書をそのままご喪家にお渡しするという、一大改革をいたしました。

 

◆平成2年末に始まる第2次宗門問題において、弊社は「友人葬」「同志葬」を円滑に進めるために、「家族・友人葬」「家族葬」といった言葉を日本で初めて使い、どの専門業者よりも高い実施率で「家族・友人葬」を推し進めました。弊社が「家族・友人葬のパイオニア」を自称するゆえんです。

 

◆ご葬儀の当日、遠方からいらしたご親族の便宜をはかり、ご葬儀に引き続いての初七日忌の繰上げ法要を、業界に先駆けて行ないました。弊社の試みは、今や葬儀業界の主流になっています。

 

◆弊社は出版部門をもっております。それは葬儀部門の収益をもって、創価学会の正義を宣明にする言論活動に参画したいと考えたからです。(→詳細

報恩社本社「宝珠ビル」